2020夏ドラマ

ドラマ『MIU404』第2話のみんなの感想と口コミ【見逃し配信は無料】

みーこ
みーこ
アニメモリ管理人のみーこです!ドラマ・アニメの最新情報やおすすめ情報をまとめてます★

綾野剛と星野源のW主演ドラマ『MIU404』(ミュウ ヨンマルヨン)

『逃げ恥』『アンナチュラル』の脚本家・野木亜紀子さんが書き下ろしたオリジナル脚本作品!

一話完結型のドラマです。

この記事でわかること
  • 『MIU404』前回までの内容
  • 第2話のあらすじ/感想・口コミ
  • 次回のあらすじ・予想
  • 『MIU404』の見逃し配信情報

 

『MIU404』前回までの内容

刑事部・機動捜査隊(通称:機捜)に、臨時舞台として第4機捜が設置され、招集された志摩(星野源)。

トラブルでバディが見つからず、候補にあがったものの落としていた奥多摩交番勤務だった伊吹(綾野剛)とバディを組む事に。

伊吹の情報を集めようとしたものの「とにかく足が速い」の情報しかなく、それどころか問題を起こしていたり「二度と顔を見たくない」と言われるほど・・

バディとして初めての事件に立ち向かい、正反対の2人の距離が少し縮まりました!

事件解決後、第1・第4機捜の隊長である桔梗ゆづる(麻生久美子)に、「伊吹はどう?」と聞かれた志摩は、もう少し伊吹とバディを続ける事を伝えています。

めっちゃいいコンビになる予感・・!

第4機捜が警視庁のHP上で「404エラー」のサーバエラーになっている事から、動画配信者から「極秘の危険な組織では?」と疑惑も出ていました。

第1話の感想・口コミ

 

『MIU404』第2話のあらすじ

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)がパトロールをしていると、伊吹が隣を走る車に違和感を抱く。そんな中、警視庁から殺人事件の容疑者が凶器のナイフを持って逃走しているという無線が入る。容疑者の特徴から伊吹は、隣の車に容疑者が乗っているかもしれないと察知し、追跡する。

一方、殺害現場の初動捜査にあたる陣馬(橋本じゅん)と九重(岡田健史)は、第一発見者の証言から凶器のナイフを持って逃走した人物が、加々見崇(松下洸平)だということを知る。加々見は、事件現場となったハウスクリーニング会社では真面目に働く社員だったという。

殺害された会社の専務との関係性を疑う中、陣馬は遺体周辺には血の掌紋が多数ついているにも関わらず、加々見が飛び出した部屋のドアノブには血が付着していなかったことを不可解に思う。

疑惑の車を追尾する伊吹と志摩は、運転する田辺将司(鶴見辰吾)と助手席の妻・早苗(池津祥子)が怯えていたことから、車内で夫婦を脅す加々見による“移動立てこもり事件”と見立て慎重に様子を伺うが、接触した田辺夫妻の妙な態度から事件は予期せぬ方向へと転がっていく…。

(『MIU404』公式サイトより引用)

 

走る立てこもり事件!?

あるハウスクリーニング会社で、専務が殺害される事件が起こり、1人の男性が会社から逃亡。

車に乗り込もうとしていた田辺夫婦を脅し車に乗り込み、山梨を目指します。

見張り用のメロンパン車でパトロールしていた伊吹&志摩バディが、隣を走る車から女性の目線を感じる。

女性は後ろから誰かに脅されているような感じで、誰かの片腕だけが見える。

その見えた腕が、逃走中の男性の着衣と特徴が似ていたため、伊吹の野生の勘で追跡する事になります。

志摩が機転を利かせて田辺夫婦の車に盗聴器を仕掛け、車内の会話を聞く事に成功。

 

容疑者の加々見は無実!?

容疑者として逃亡していた加々見(松下洸平)は、田辺夫婦に「自分は殺していない」と車内で話しています。

実の父親に虐待されていた加々見は、高校卒業と同時に上京するも日雇いで食いつなぐ日々を送っていた。

そこで中学の同級生である岸に再会し、ハウスクリーニング会社を紹介してもらい普通の生活ができるようになったので、岸には感謝していると田辺夫婦に話す加々見。

そして不当解雇された岸は「あんな奴殺されても仕方ない」と言っていたとのこと。(容疑が岸に向くように!?)

そんな身の上話を聞いた田辺夫婦は、加々見の無実を信じる

伊吹も加々見は無実だと信じて、逃亡している理由は「無実を証明するために決まってんだろ」と言いながら追跡。

 

事件に巻き込まれた夫婦の秘密は!?

殺人事件の容疑者として追われている加々見に脅されて、社内で立てこもりされた田辺夫婦

最初は怯えている様子だったものの、だんだん様子がおかしくなります。

実は、夫婦には1人息子がいたが、13年前の同じ日に自殺して亡くなっていた・・

事件当日は息子ヒデノリの13回忌でお墓参りに出かけるところだった。

生きていたら加々見と同じくらいの年齢だった息子の影を重ね、「なんだか運命みたい」と言う夫婦。

息子を信じていてあげていれば、自殺しなかったかもしれない・・という後悔をしていた田辺夫婦は、加々見の事を「信じる」と言って、逃亡を手伝う事に。

パーキングエリアで休憩しようとしたところ、加々見は伊吹&志摩に取り押さえられます。

しかし、田辺夫婦が「逃げて!」と言い、加々見を逃します。

 

事件の真相

事件当日の朝も、いつも通りに出勤して「今の人数では回らない、業績が悪いのを社員とバイトのせいにされても困る」と専務と話をしたという加々見。

少し前に友人の岸がクビにされた事に不満を抱え、専務に直接話をしていた。

その時にまともに取り合ってもらえなく、過去の父親の姿を重ねた加々見は、衝動的にその場にあった工具で専務を刺してしまう・・

慌てて止血を試みるも失敗、あたふたしてるところに他の社員が出社してきたため逃亡し、その場にいた田辺夫婦を巻き込んで逃亡しました。

一方、機捜メンバーが岸のところにたどり着いたが、事件の事を一切知らなかった事から、犯人は加々見で間違いないと踏む。

田辺夫婦に加々見の行き先を聞き、加々見を追跡。

加々見は包丁を万引きし、目的地へ走る・・・

行き先は、自分の生まれ育った実家

父親への恨みが忘れられず、息子(加々見)が人を殺したと言う事実を伝えてから父親を殺害し、自分も死ぬつもりだった

が、伊吹と志摩が実家に到着。

伊吹は、父親は2年前に事故で亡くなった事を加々見に告げる。

加々見は泣きながら「俺はまだ一度もあいつに謝ってもらってない!」と叫ぶ。

逮捕され連行されている加々見に、「最後まで付き合ってあげられなくてごめんね!いつかまた三人でドライブしよう!今度こそうどん食おう!」と声をかける田辺夫婦。

加々見は涙を流しながら、田辺夫婦に頭を下げました。

 

第2話の中で『志摩は捜査一課時代に失敗した。前の相棒を殺した』と言っているシーンがありました・・・

 

『MIU404』第2話のみんなの感想・口コミ

第1話から高評価が多かったMIU404

第2話のみんなの感想を見ていきましょう!

 

https://twitter.com/k_taki410/status/1279306478059352066?s=20

https://twitter.com/carpediem_vh/status/1279306178678255616?s=20

なんとも切ない話でしたね・・!

息子を信じてあげられずにずっと謝りたかった夫婦と、父親にずっと謝ってほしかった男性がこんな形で出会ってしまったんですね。

W主演の2人が素晴らしいのもありますが、やはり脚本も主題歌も全てにおいて素敵なドラマです!

みーこ
みーこ
私も加々見くんは無罪って信じたい・・!と思いながら見てしまった・・。田辺夫婦の気持ちもすごいわかるし、親子関係について考えさせられるストーリーでした。

 

『MIU404』次回あらすじ・予想

西武蔵野署管内でイタズラの通報が頻発している。西武蔵野署の刑事・毛利(大倉孝二)と向島(吉田ウーロン太)によると、イタズラ通報は“通報したプレイヤーが警察から逃げ切ったら勝ち“というネット上のゲームのルールを模倣した愉快犯の遊びであるという。これまでそのイタズラ通報に対応した警官全員が犯人に逃げ切られていると聞いた伊吹(綾野剛)は「足で負ける気はしない」と、犯人逮捕に名乗りを挙げる。後日、伊吹と志摩(星野源)が管内をパトロールしていると、入電中に通話が切れるというこれまでのイタズラと同じ手口の通報が入り…。

(「MIU404」公式サイトより引用)

 

『MIU404』第2話の見逃し配信情報

MIU404第2話は7月3日(金)に放送です。

見逃してしまった場合は、放送から1週間以内であればTVerで無料で観る事ができます!

1週間を過ぎてしまっている場合は、Paraviで観る事ができます。

しかし、Paraviでは登録から2週間のトライアル期間がありますが、全話放送されるまでにトライアル期間は終わってしまいます・・

無料トライアル期間終了後は月額925円(税抜)での利用になるので、最終話まで放送されてから無料トライアルで観るか、有料で常に最新話を観るかという事になりますね。

【動画配信情報】

  • 2020年7月10日まではTVer
  • 2020年7月10日以降はParavi

 

『MIU404』第2話の感想・口コミ:まとめ

  • 第2話もなかなかの高評価!
  • 志摩さんは前の相棒を殺した!?
  • 見逃し配信はTVerParaviで!

2020年夏ドラマ一覧

MIU404関連記事

みーこ
みーこ

アニメの最新情報を更新したらTwitterでお知らせするので、よろしければフォローお願いします★アニメモリのTwitter

最後まで読んでいただきありがとうございます★